プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

バイクにETCを取り付けました

題の通り、バイクにETC車載器の取り付けを行いました

今回取り付けるのは、ヤフオクで落とした軽登録済みの中古のETCです(DENSOのDIU-7200)

高速では軽と2輪は同じ料金なので、軽登録済みのETCを使用します

これについては、自主運用と調べれば幾らでも情報は出てくるので、ここでは深く触れません

IMG_0346.jpg

写真多用なので、続きは↓から

4輪用のETCをバイクに使うので、防振や防水対策をします

防水に関しては、アンテナ本体別体式なので特に問題は無いですが、防振対策はしっかり取ります

100均で買ったタッパと台所用スポンジで、写真の様にケースを作成します

IMG_0347.jpg

このまま蓋を閉じると電源とアンテナのケーブルが挿せなくなるので、タッパに加工をします

最初はカッターでケーブルの通り道を開けようと考えたのですが、思ったよりタッパが分厚い・・・

まあ、時間をかければ切れなくもないですが、正直面倒くさい

って事ではんだごてで一気に溶かす!そして手は火傷、真似しないでね

IMG_0357.jpg

後はガムテで見た目を取り繕って、ケーブルを通します

IMG_0354.jpg

バリオスの場合、ここに丁度入ったのでここに収まってもらいます

IMG_0349.jpg

電源は、ヒューズから既に出してある配線にY字の分岐を付けて、USB用とETC用の2配線にします

写真下のギボシ端子がそれです

DIU-7200の場合、配線が3本あります(+B=常に流れる+、ACC=キーオンの時に流れる+、E=アース)

+Bは通常利用履歴の保持やETCカード抜き忘れ防止機能の為にありますが

DIU-7200の場合カード抜き忘れ防止機能しか無く、非常に要らないので+BとACCを束ねます

なので、+BとACCをヒューズに繋ぎ、Eはバッテリーのマイナスに繋ぎました

もし、利用履歴機能等があるETCでその機能を使いたかったら、3本しっかり配線しましょう

IMG_0355.jpg

アンテナを車体に取り付けるわけですが、今回のETCは接着面が通信部の物なので

DENSO純正部品の、車のダッシュボードに取り付ける用のステーを買いました

アンテナは、水平方向から見て前方10~30度の角度で取り付けます

正直、そんなに神経質になる必要は無いみたいです(写真の様に、45度ぐらいでも動作します)

一番気にする所は、アンテナが金属や人間で遮蔽されないかどうかです

これだけは、最低考慮して下さい

あとは、アンテナの配線を車体に沿わせます

IMG_0351.jpg

既にUSB用の配線が束ねてあるので

IMG_0352.jpg

アンテナも一緒に束ねておきます

IMG_0353.jpg

余った配線も一緒に束ねておきますが、バリオスの場合これはNGです

シートにシート自体を支えるための突起があり、これがフレームと設置されるものなので

この位置に配線を置いておくと、シートに挟まれて断線する可能性があります

この写真を撮った後、内側に避けておきました

IMG_0358.jpg

動作確認、DIU-7200の場合カードが入っているとこの様にアンテナが光ります

IMG_0359.jpg

最終的なETC本体の図、これで多分振動に耐えてくれるでしょう


これで首都高と東名を走ってみましたが、問題はありませんでした

しっかりと表示板にも「軽二」と表示されてました

いやーほんと便利です、もうあの煩わしい支払いとはおさらばです

あくまで自己責任での運用です、しっかりと取り付けは行っておきましょう
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: バイク - ジャンル: 車・バイク

タグ: バイク  ETC  自主運用 

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyataka519.blog38.fc2.com/tb.php/338-a500d2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。