プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

ゼロ・グラビティを見に行ってきました

なんとなく気になった作品だったので、映画館で見てみたくなり行って来ました

映画館で映画を見るのは、去年のエヴァ破の時以来です

年に1回しか見てないと思うと、なんか損してる気がする・・・

と、結論から言えば面白い映画でした


題材は「宇宙空間での遭難とヒューマンドラマ」と言いますか

あらすじは
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。

って感じです

当然宇宙がメインの映画なんですが、やはり最近の3DCG技術は進化してますね

宇宙は行ったことなんて当然無いんですが

数年前の宇宙が出てくる映画よりも宇宙っぽさが良く出てました


それと、この映画は常にドキドキしっぱなしでした

普通のパニック映画の様な山場がいくつかあるんですが、それとは別に

宇宙空間こその何が起こるか想像もつかない

という状態がずっと続くので、一つの行動を起こすにしても常に緊張します

例えば、宇宙船の壁を伝って移動するとか、そんな些細な事でも

何が起こるかわからないといった緊張が来ます

もう手汗握りますよハイ


あと、3Dで見ることをおすすめします

まるで自分も宇宙空間にいるような錯覚を覚えます

あれは映画館で3Dで見るからこそ味わえるものだと思いますので、是非


以下、ネタバレです

最初の事の発端は、ロシアが自国の衛星を破壊したことから始まります

その破壊された衛星の破片自体が問題なかったのですが、その破片が

四方八方に飛び回り、いろんな衛星を破壊し回ったせいで破片が

主人公たちの作業している場所に飛んでくることになります

アメリカの映画ってやっぱりロシアが悪者ですね(笑)


そこから博士とベテラン宇宙飛行士(マット)だけが生き残り、ISSに向かいます

が、博士が最初に破片で飛ばされた時に息しまくったせいで酸素が持ちません

しかも、マットの宇宙服に搭載されている推進装置が残り少ない

ってことでその最後の1回で軌道修正をしてISSに辿り着いたはいいものの

博士の足に絡んだロープと、博士とマットを繋ぐ命綱だけになり絶体絶命

マットが命綱をはずさないと、博士の足に絡んだロープが外れてしまう

そうなると、2人ともそのまま流されてしまいます

なので、マットは命綱を自ら外し、博士に生き残って欲しいと告げ宇宙空間に放り出されます

なんかよくあるシーンだなぁ

ここのビジュアルは、公式サイトのギャラリーにあります

そのままISSに一人で乗り込んだ博士は、地球に帰るために中国の衛星に向かいます

と思いきや、乗り込んだ宇宙船の燃料が0でした

ああー!Fuck!Shit!#'%&#$%$#(絶望)


博士は、もう生き残る手段はないと思い、酸素供給を止め自殺を図ります

すると、そこに流されたはずのマットが帰ってきました

「何を諦めてるんだい?さあ、地球へ帰ろうぜ」

そう励まし、博士は一旦目を閉じまた開けます

するとそこにはマットの姿はありませんでした・・・博士の見た幻覚でした

さらっと書いてますが、ここのシーンが一番好きでした、泣きました

死んだはずのマットが!?って最初思ったんですが、いくつか疑問な点もあって

幻覚だと知った途端なるほど~と思いました


博士は自殺は止め、なんとかして中国の衛星まで辿り着く方法を考えて、実行します

で、なんとか辿り着いた衛星の神舟(有人宇宙船)に乗り込んで無事地球に戻ります


この映画、結構意見が別れる作品なんですが(主に科学的根拠)純粋に面白かったです

寧ろ批判的な人たちは何を期待してこの映画を見に行ったのかが不思議です

確かに細かい点を見ればあれ?となる所もありますがそこは映画

割りきって見ないと、そりゃつまらない映画になります

しかし、冒頭でも言った通り映像面での進化は凄まじいので

自分みたいに「この映画見てみたい」と純粋に思うならば、是非見てもらいたいです

きっと、感動と興奮の1時間31分となるでしょう
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

タグ: 映画  ゼロ・グラビティ 

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyataka519.blog38.fc2.com/tb.php/335-d2e6ad5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。