プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

自宅サーバーへの道のり ~証明書とNetwork bootの罠~

もう、ゴールしても・・・いいよね?

疲れました、もう駄目です


前日の続きです

前回VirtualPCにFedoraをインストールする事に成功したと書きましたが

そんな事は無かった

全てのインストールが終わり、再起動してみるとあら不思議

そこには真っ暗な画面が一面に・・・


推察なんですが、多分VirtualPCがGNOME3グラフィックに対応してないんですよね

なので無駄な時間をかけてしまいました

といっても、インストールしている間寝落ちしたんですが


よって、結論としては振り出しのVMware server2に戻る事に

んで、前回VMware server2が使えない原因はIEにあると思ったので

IE7からIE9にしようとした所

「あれ、お前のPCVista SP2どころかSP1すら入って無いじゃん」


と言われました

なのでSP1、SP2適用

これで8時間

もうこれで十分疲れましたが・・・

ここから、また地獄が始まる

まず、前回も言った気がする、VMware server2でのエラー

IEが「Internet Explorerではこのページは表示できません」

これを超える必要がありました

調べてみると、証明書が云々

という事で証明書をインストールしてみると・・・

何もかわりゃしねぇ

と、思いきやF5更新をしてみると、ユーザー画面に入りました

つまり、いちいち更新をしないと入れない仕様になってしまいました

どこで何を間違ったのか分からないんで、もうこれでいいです

使えない訳じゃないしね


次に、仮想サーバーの作成をします

ここでもまた悪夢が(ry

何故かVMwareがisoファイルを読み込んでくれない

そして出る「OS Not Found」

原因はNetwork Bootが邪魔をしているという事が直ぐに分かりました

なのでBIOSで起動順位を変更、再起動

しかし直らない

いくらやっても直らない


Network Bootマンが倒せない


仕方なく、最初から仮想サーバーを作り直しCD/DVDを直接isoに当てることに


fedorain.png

そして、この画像に至る



次回
ついに最終決戦か!?

VMware server2は果たしてFedoraを受け入れてくれるのか!?

そして、無事に自宅サーバーとして機能してくれるのか・・・

乞う、ご期待・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: コンピュータ - ジャンル: コンピュータ

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  【2011/09/06 09:05】 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyataka519.blog38.fc2.com/tb.php/257-f67f7fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。