プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

泣きゲーレビュー そして明日の世界より――編

どうも、前回のリトルバスターズ!EXから随分と月日がかかってしまいました

前回クドわふたーを次回レビューすると書いたのですが

急遽変更して、そして明日の世界より――をレビューします

後々クドわふたーの方もレビューをするのでお待ちを・・・

という事で、そして明日の世界より――です

そして明日の世界より――
簡単な説明

制作会社はetude

自分は聞いたことのない会社ですね

発売年は2007年

新しい方・・・かな?

そしてこのゲーム、プレイ日数を大幅に更新しました

やり始めたのが去年の11月3日で、全クリアが2月27日・・・

3ヶ月!?

はい、ただ単に色々と忙しかっただけです

それに重なり、元々このゲームは長い部類に入るものだったらしくて

そのせいで3ヶ月もかかってしまいました


それでは本題(※ネタバレ注意)

ヒロインは4人

日向夕陽、日向朝陽、樹青葉、水守御波です

そして、全ヒロインクリア後に出てくるAfterが+

まず、全体のあらすじから

サブタイトルが「Beginning now,is the exceptional story of two weeks or so.」となっており

7月1日から約2週間余りの物語です

内容はと言うと・・・

平和な島で、突如舞い込んできたニュース

「―この地球に3ヵ月後、小惑星が衝突し、世界は終焉する」

それに対して主人公たちとその周りの人はどうするのか!?

といった感じです

詳しくはwikipedia参照


ではまず御波から

御波は春に主人公達が通う学校に転校してきた少女です

病弱なせいもあって、御波ルートはその看病が結構占めてきます

全体のルートで言えることなんですが、1日が他のゲームに比べて長いです

日常を事細かに描いているので、飽きる人は飽きますね

まぁ、でもそんな中でも御波と主人公の会話は面白い

哲学的な話も結構出てきたり比喩表現が多いのでそこも飽きさせるかも?

そういった文章表現が好きならたまらない作品でしょう


御波ルート途中で青葉と御波との会話があるのですが

何故か青葉スルー気味

見てて可哀想な程のスルーっぷり

どうしたし!

そして御波ルート初の濡れ場では

主人公の賢者速度がやばい

何一つ疲れた感じは無く、普通に話す主人公

いや、こんなもんなのか・・・?

ちなみに濡れ場は全ルート(青葉を除く)3回です

泣きゲーとしては多いですね


次に朝陽

個人的にはあまり攻略はしたくなかった朝陽さん

もうこれは趣味の範囲ですねごめんなさい←


まず印象に残ったのが擬音語のバリエーション

シュレッダーの音が「しゅいー、げれげれげれげれ」だったり

濡れ場の効果音の擬音語が凄かったり

まさか濡れ場で笑うとは思いませんでした

笑わせるほどの擬音語でした


朝陽ルートも御波同様哲学的な内容がありますね

そして最大の違いが、夕陽の反応ですね

御波ルートでは何の反応も見せなかった夕陽が、朝陽ルートに入った途端反応

やっぱり姉妹って事で姉には取られたくないのでしょうかね

この三角関係、ドロドロですね

教師としての朝陽と主人公の恋人としての朝陽の両立・・・うーん、難しい

結果的には打ち解けたんで良かったんですけどね


ラストの終業式で車輪の国、向日葵の少女を思い出したのは内緒


次にノーマル

朝陽ルートをベースとした、誰も好きにならずにエンドを迎えるルートです

ある意味、主人公が全員から告白されているんでハーレムルートでもあったりするw

ほんと、主人公は幸せ者ですよ

シェルター行きが決まった時彼女たちは

「私たちが生きる意味は、貴方が生きるから」

と言っていますし・・・どれだけ主人公が愛されているかがわかります

まぁしかし、物語中盤で主人公の父さんが

「・・・しかしお前の友達は見事に女だらけだな、昴」の一言

まさにその通りですお父さん

主人公の通うクラスは主人公以外皆女という状況

男友達が居ないってもの可哀想ですね

しかし、これは後の青葉ルートへの伏線だったりする


後、主人公と共に温泉を掘り続けているじいちゃんがいるんですが

このじいちゃん只者じゃない

包丁持った男に素手で華麗にパンチ入れて顎砕いたり

またある時は主人公に名言を残したり・・・

流石、生きている時間が長いだけあっての言動です


余談ですが、物語の中盤少し後に皆で保健室に行くシーンがあるのですが、その名前表示欄に

「EE14Z05mix000」という謎の文字列が出てきます

スクリプトの中身見えてるよ!?

デバッカさん、しっかりしてください


次に夕陽

夕陽ルートの中盤辺りで、夕陽の面倒を見ることや自分の無力さに苛立ちを感じた主人公が、夕陽に暴力をふるうんですが

なんとなくもしらばの千早を思い出しましたね・・・

流石に強姦まではいきませんでしたが

というか主人公、「俺・・・何をしているんだ」というような事が多い

気付いたらやっちゃった!という感じに

感情的なんですかね


夕陽の最後辺りでは、主人公のシェルター行きについて揉め事が起こります

夕陽にとっては、自分かシェルターかで自分を選んでくれたのは嬉しいけど

自分のせいで主人公が死ぬのは耐えられない・・・と

うーん、これまた難しい

お互いの思いのすれ違いですね

結果的には、主人公の思いが伝わって納得してくれたんですがね


次に青葉

青葉は、他キャラルートを攻略している時に結構どんよりしていたので

そっちの方向かなーと思っていたら、本当にそうでした

というか一番驚いたルートでもありました

小惑星が地球に衝突すると分かった青葉は、もうどうすることもできず精神崩壊寸前

「明日が来ない日って、どんなだろうね」の言葉には何か感じました

そして、物語中盤で青葉が

「あ、あは、あはははははは!友達?!親友?!
あたしが欲しいのはそんなものじゃない。あたしが欲しいのはたった一つよ!」


ともう狂ったかのように叫び泣く

そして、その「たった一つ」の為に青葉が激変します

化粧したり、髪をおろしたり口調を変えたり・・・

それでもって、主人公に執拗に迫ってきます

まぁ、そのたった一つというのは主人公の事で

ノーマルルートで書いた通り、周りに男が居ないことを不憫に思った青葉は10年間もの間できるだけ男として主人公と接していたんですね

しかし、もう時間が無いと分かった青葉は本来の姿で主人公と接することを決めた・・・

だが、主人公が当たり前だと思っていた以前の青葉じゃない青葉が目の前に現れて混乱した

これにはもう完全にはめられましたね

「あー、そうか・・・そうだったのか」とつくづく思いましたね

変わったのではなく、元からあった姿を出しただけ

本来の姿の青葉に気付くことができなかった主人公

少しBADEND臭がするルートでした


因みに、青葉の濡れ場は何故か2回です

他ルートだと3回なのに・・・なぜ?


最後にAfter

Afterは、小惑星が地球に衝突した30年後という設定に

シェルターに入り生き延びた一人の調査員と助手が地表に出て、掘削機を用いて何かを掘り続けます

そこには何かの発信機があり、何かは分からないがとにかく掘ってみるという感じです

そしてついに掘れた時、穴からはぬるいお湯が・・・

それと同時にタイムカプセルらしきものを発見する調査員

中には一枚の写真が入った写真立てが

写真には、男2人女4人が前に、後ろには大人たちがずらっと並び背景には水柱が

主人公たちは温泉を掘り当てたんですね

そして写真には文字が書いてあり、最後

「俺達は、ここにいる」

ここでもう泣きそうになりました(´;ω;`)

なんというか・・・こういう人たちには幸せになって欲しかったですね

思い出しただけでも泣けそうです


因みに、全キャラのクリアまでの日数は
夕陽18日、朝陽18日、青葉17日、御波15日です
御波少ないね、うん


【まとめ】

全体としては、まずグラフィックが綺麗です

BGMもそれなりの雰囲気が出ていて良かった

しかし、結構長く物語にこれといった展開が無いパートがあるのでそこで飽きるかもしれない

シナリオも哲学的だったり比喩が多様されているので人を選ぶかも

この作品のテーマは「日常」ですかね

そういった物を感じました

なので、恐らく小説とかが好きな方にお勧めする作品です

【今回の評価】
ストーリー ★★★★☆
おもしろさ ★★★☆☆
泣ける度  ★★★☆☆
読みやすさ ★★★★☆
絵・BGM ★★★★★
満足度   ★★★☆☆
バグ等   一部台詞にて有り

総合点:76点

これはやはり飽きるか飽きないかで決まりますね

自分は少し日常パートで飽きてしまったんで・・・

絵やBGMは良かったです


今回はここまで

次回はこの青空に約束を―をレビューします
事情により 虹を見つけたら教えて。 に変更します

それでは~ノシ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: レビュー・感想 - ジャンル: ゲーム

タグ: 泣きゲー 

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyataka519.blog38.fc2.com/tb.php/214-5c1d9707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。