プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

泣きゲーレビュー 沙耶の唄編

はい、今回は結構異質?な作品である・・・

沙耶の唄をレビューします

沙耶の唄

珍しく縦ですね

というか沙耶の唄を泣きゲーに入れるかどうかという問題が・・・
簡単な説明

制作会社はNitroPlus

NitroPlusと言えばそに子が有名ですね(アニメ化との話・・・)

かなりの作品が出ているようです

発売年は2003年

懐かしいの部類に入るようですね


ちなみに・・・ジャンルはサスペンスホラーADVです

ホラーというよりかはグロの方になりますね

内臓とかのCGが余裕であるんで

そしてよく言われるのが純愛

Wikiの沙耶の唄の項目「ストーリー」を見てみたんですが・・・

最初「これが純愛ィ!?んなこたねぇ!」みたいな事を思っていましたが・・・

ああ・・・純愛だ

やればわかる、それが沙耶の唄


では本題(※ネタバレ注意

攻略キャラは・・・いないです

いないと言うかは一人ですね、沙耶です

攻略するというかは主人公の行方を見守る、と言った方が良さそうです

なので、この作品は読み物と言った方がよさそうですね

選択肢もH2O以下の2つしか無いという

したがって、3つのENDがあります

なのでその3つのルートを今回レビューします

まず、最初に出てくる選択肢で「取り戻したい」を選ぶルート、ここでは仮に「病院END」とします

この選択肢を選ぶと、沙耶が持っている能力で郁紀の五感を戻してくれます

しかし、それと同時に警察に捕まりますが、精神の状態がどうのこうのと言われ病院送りに

そこで郁紀は入院生活を送ります

そんなある日、沙耶が郁紀の許にやってきます

でもまぁ全て感覚が正常になった郁紀にとっては沙耶は化け物にしか見えません

それを気にした沙耶はドア越しに郁紀と携帯を使って会話をする訳ですが・・・

何と言うか・・・凄く悲しいですね

これこそが純愛と呼ばれるものでしょうかね

決して叶わない恋・・・異次元過ぎですが

自分的にこのENDが一番いいENDかなと思ってます

凄く微妙なラインですね・・・

このENDが一番人が死ななく、そして郁紀と沙耶も幸せとはいかないがまぁ


次に、先ほどの選択肢で「もういらない」を選択した後出てくる選択肢で「郁紀に電話する」を選ぶルート、ここでは仮に「人類滅亡END」とします

郁紀に電話すると、耕司と郁紀の対決が始まります

そこでペットと化した遥は耕司に、耕司は沙耶に殺されます

その後、沙耶が「赤ちゃんが生まれる・・・」と言い背中に大きい花を咲かせます(郁紀ビジョン)

そこでの現実視点での沙耶がどんなになってるかが凄く気になりますが・・・

シーンは変わり、丹保先生視点

ルーズリーフにまとめられた「沙耶」という生物についてのまとめを語ります

沙耶はどうやら人間、というか地球を乗っ取りに来た地球外生命体ということですかね

んで、終盤になると自分も人間ではなくなっていくような事を言います

つまり、あの沙耶が咲かせていた花は人間を沙耶の姿に同じように変えてしまうウイルスをばらまく花だったんですね

このENDは人間、人類全てが沙耶に乗っ取られるというENDです

郁紀と沙耶的には一番いいENDかもしれません(沙耶がその後死んだかどうかが分かりませんが・・・恐らく死んだのでは)

全体的に見るとBADENDですね


最後に、先ほどの選択肢で「涼子に電話する」というのを選ぶルート、ここでは仮に「死そして生END」とします(ネーミングセンスが問われる

涼子に電話すると、先ほどのルートに涼子が加わるという形になります

んで、先ほどのルートでは耕司は沙耶の不意打ちで殺されますが、このルートはそれを涼子先生が阻止し、沙耶を殺します

それを見た郁紀は生きる気力を失くし、自殺

涼子先生も郁紀の斧で体を裂かれ、死にます

唯一生き残った耕司はその後も幻覚や悪夢と共に暮らしていくことになります

そして、最後に洗面所に隠してあった銃で自殺したと思われます(そこは書いて無かったんで推測

このENDは郁紀に関係している全員が死にますが、人類は助かります

主人公とヒロインという意味では完全なBADENDですが全体的に見ると一番のGOODENDですね


以上すべてのルートでした

【まとめ】

全体的に短い作品でした、8時間ぐらいで全ルート行けたかな?

とてもエロゲには見えないような作品でもありました・・・

どうみてもホラゲーです本当に(ry

よく純愛、などと言われてますが確かにそうですね

郁紀と沙耶の純愛の物語、といったとこです

狂気の純愛ですがね・・・

グロ耐性が無い人にはきついかも

あと、親友達がとてもかわいそうでした

【今回の評価】
ストーリー ★★★★★
おもしろさ ★★★★★
泣ける度  ★★★☆☆
読みやすさ ★★★★★
絵・BGM ★★★★☆
満足度   ★★★★★
バグ等   無し

総合点:90点

ほぼ文句は無いです

短いだけあってかそのせいでもあります

ただ、泣けるかどうか、これを泣きゲーに入れるかどうかは微妙ですね

多分泣ける、よりも感動する、の方がいいかもしれません

色々と考えさせられます

個人的には皆さんにやって欲しい作品です

是非「純愛」についてを郁紀と沙耶に教わって下さい!


以上でレビューを終わります

次回はリトルバスターズ!エクスタシーをレビューします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: レビュー・感想 - ジャンル: ゲーム

タグ: 泣きゲー 

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyataka519.blog38.fc2.com/tb.php/163-72114386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。