プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

泣きゲーレビュー AIR編[再]

はい、宮鷹です

今回は日記とは違って私宮鷹がプレイ・クリアした泣きゲーについてのレビューを書きます

泣きゲーについて知らない方はこちら

細かい部分の説明は省きますんで、もしプレイしてなくて読みたいという方が居ればWikipediaで調べながら見て下さい

ちなみに一部ネタバレを含む可能性があるのでそこはご承知を・・・

え?これ誰得かって?俺得

というか書いて結構残念な仕上がりに・・・

それでも覚悟して見るって方は続きをどうぞ!


というわけでカテゴリの方も新装しての第一回目のレビューはずばり・・・


AIR

AIRです
まずは簡単な作品紹介から

制作会社はVisualArt's/Keyですね

私自信がこういうゲームをやるのは初めてで・・・

すっかりこの作品のせいで鍵っ子になってしまいました

・・・ってそれはどうでもいいので次

発売年は2000年・・・ともう10年前の作品なんですね

ちなみにAIRといっても色々と種類がありまして

PC18禁版、PC全年齢版、DC版、PS2版、DVD18禁版、PSP版・・・と

んで、今回やったのはPC18禁版のやつですね

10年も前のゲームのせいか音が出ませんでした(正確にはBGM)

効果音は鳴るんですがね・・・一つ言っておくと声はありません


後このゲーム、アニメ化もされているようで

自分はアニメから入りました

なのでまぁ・・・正直結末は分かってたんですが^^;


では本題(※ネタバレ注意)

最初はDREAM編

攻略キャラは神尾観鈴、霧島佳乃、遠野美凪 の3人です

最初攻略サイトを見ないでやったので観鈴からクリアしてしまったんですが

どうやら観鈴は最後までとっておいた方が良かったみたいです

ちなみに1度もBADエンドを見ませんでした


観鈴ルートの感想としては・・・ってまだ書けないんですね^^;

実は観鈴ルートはこの後あるAIR編に続くんですよ

なのでDREAM編では途中で終わってしまいます

切り替えて佳乃

すみません特にないです

ごめんなさい、しっかりと書かせてもらいます

と、言っても佳乃ルート

正直よく意味が分からなかった・・・!

なんか過去の出来事が関係してるって事は分かったけど・・・

ごめんなさい(2度目

まぁAIR自体観鈴が主体ですからね、他のキャラはサブストーリーみたいな感じで捉えてます←逃避


全員に言える事なんですが、佳乃は過去に悲しい出来事があった~といった感じです

AIRは全部のストーリーが過去に関係してるのが特徴ですね


次に美凪

個人的にはAIRの中でも好きな方のキャラです

いやだからそんなことはどうでも(ry

美凪ルートでは、主に家族関係についてピックアップされていますね

特に母親

これは結構考えさせられた・・・というか

美凪が少し可哀相になりました

詳しくは本編で!


そして、ラストの方での実の妹が居て、会いに行くってのがもう・・・

もう、泣いても・・・いいよね?状態

物語的にも良かったですし、みちるが・・・


続いてSUMMER編

これは選択肢がないのでぱぱっと

ここで観鈴が何故DREAM編でああなってしまったかが分かります


今気付いたけどこれって解説じゃ・・・

やばい、レビューの概念って何だ?落ち着くんだ・・・

感想としては「なるほどねぇ、こんな事が・・・」って感じです


最後、AIR編です

このAIR編は未だ個人的に結構謎です

これ、観鈴が拾ったカラス視点で物語が進んでいきます

あれ・・?DREAM編でカラスなんて拾ってたっけ?

なんて思うともうAIRについていけません(本当にw

ここらへんの理解がやはり分かれ目になると思います

とにかく、AIR編の内容を

物語が進むにつれて観鈴が弱まっていき、終盤では死んでしまいます(早

この最後の死んでしまうシーンが個人的にはアニメで見て欲しいです

ゲームだとやっぱり演出とかに限度がありますしね

私自信ゲームではあまり泣けない方なのでw(泣くこと前提)

んで有名なあの一言

「もう、ゴールしても・・・いいよね?」

正直この言葉は知ってたんですがAIRだったとは知りませんでした

すみません、こっからアニメの方の話になってしまうんですが

最期に観鈴が春子の腕の中で口を動かして何かを言っていたシーンがありましたが

(´;ω;`)ブワッ

見事に涙腺ブレイクされました

あのシーンは忘れられない・・・


とまぁなんだかよくわからないレビューになってしまいましたが

暇つぶし程度には読めたでしょうか?←



【まとめ】

AIRのテーマはやはり家族愛ですね

全ルートを通してそう思いました

後、AIRだけじゃないんですがストーリーがきちんとしていて、読みやすい

これをやった時はなんとも思わなかったんですが、他の泣きゲーをやってるとつくづく思いました

やってる側がいかにそのストーリーについていけるか、という点で非常に良かったです

まぁ・・・主人公の言動とか行動がどうのこうのって言う人も居ますが^^;

後もう一つの問題としてあるのが俗に言う「いたる絵」ですね

結構クセのある書き方をしてるんでここでも別れてしまいますね

自分はいいと思うけどなー・・・

絵って重要ですからね(キリッ


あと個人的な謎のひとつ

なんで観鈴は友達ができようとすると泣き出すのか

そればっかりが分かりません・・・うーん


【今回の評価】
ストーリー ★★★★★
おもしろさ ★★★★☆
泣ける度  ★★★☆☆
読みやすさ ★★★★★
絵・BGM ★★★★☆
満足度   ★★★★☆
バグ等   無し

総合点:85点

BGMは評価のしようがないのでアニメから引用

あくまで個人の意見なのでそこはご了承を^^;


無駄に長くなりましたが今回はここまでです

読んで頂きありがとうございました!

えー次回は同じVisualArt's/Keyが制作したKanonという作品のレビューをいたします

乞うご期待!(?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: レビュー・感想 - ジャンル: ゲーム

タグ: 泣きゲー 

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

>10年も前のゲームのせいか音が出ませんでした(正確にはBGM)

円盤を抜くとBGM鳴りません・・・
円盤を抜くとBGM鳴りません・・

AIRのよさは半分はBGMなのに・・・・
最低限10ポイントは、上乗せして欲しいです。
まさか、非常に名高い「鳥の詩」も流れなかったんですか?
残念すぎます。

たぶん鍵っ子 #- | URL 【2014/08/08 00:36】 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyataka519.blog38.fc2.com/tb.php/150-a991d73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。