プロフィール

PR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

ゼロ・グラビティを見に行ってきました

なんとなく気になった作品だったので、映画館で見てみたくなり行って来ました

映画館で映画を見るのは、去年のエヴァ破の時以来です

年に1回しか見てないと思うと、なんか損してる気がする・・・

と、結論から言えば面白い映画でした


題材は「宇宙空間での遭難とヒューマンドラマ」と言いますか

あらすじは
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。

って感じです

当然宇宙がメインの映画なんですが、やはり最近の3DCG技術は進化してますね

宇宙は行ったことなんて当然無いんですが

数年前の宇宙が出てくる映画よりも宇宙っぽさが良く出てました


それと、この映画は常にドキドキしっぱなしでした

普通のパニック映画の様な山場がいくつかあるんですが、それとは別に

宇宙空間こその何が起こるか想像もつかない

という状態がずっと続くので、一つの行動を起こすにしても常に緊張します

例えば、宇宙船の壁を伝って移動するとか、そんな些細な事でも

何が起こるかわからないといった緊張が来ます

もう手汗握りますよハイ


あと、3Dで見ることをおすすめします

まるで自分も宇宙空間にいるような錯覚を覚えます

あれは映画館で3Dで見るからこそ味わえるものだと思いますので、是非


以下、ネタバレです
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

タグ: 映画  ゼロ・グラビティ 

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。